使いやすくて導入しやすいフッ素系離型剤でメヤニを抑制!

金属加工

プラスチック製品などを綺麗に形造るのに最適な離型剤とは?

大量のねじ

成形過程で金型に粘着して綺麗な形を造るのが難しいプラスチックやゴムの製品は、適切な離型剤を使うことで、綺麗に金型から分離できるようになります。離型剤には、ワックスを使ったものやフッ素コーティング剤を使ったものなど、いくつかの種類があります。綺麗な形造りという観点からは、フッ素系離型剤を採用するのが一番のおすすめです。
まず、綺麗な形造りのためには、成形物の形を変えてしまうような余計なものが付着しないことが望ましいです。従って、メヤニが出来ない離型剤の方がいいわけですが、フッ素系離型剤を使えば、メヤニが出来るのを抑制出来ます。
メヤニは、出来てしまうと、製品の形が歪になるだけではなく、取り除くためにひと手間加える必要があるため、業務効率の面でも避けたい代物です。フッ素系離型剤を使えば、この心配をしなくて済みます。
また、フッ素コーティングの効果が強力なことから、金型からゴム等を剥がす際、軽い力を加えるだけで大丈夫です。その分、製品破損、変形といったリスクが減るので、製造過程でのストレスをかなり軽減してくれます。細長い製品やスリムタイプの製品など、壊れやすいアイテムを作っている現場では、こうした特長は有難いと言えるでしょう。

headline

プラスチック製品などを綺麗に形造るのに最適な離型剤とは?

大量のねじ

成形過程で金型に粘着して綺麗な形を造るのが難しいプラスチックやゴムの製品は、適切な離型剤を使う…

»more

複雑な形状で成形困難なゴム製品等には優れた離型剤を使おう

機械のスイッチ

ゴムやシリコンなどを金型に流しこんで成形する際に不可欠な離型剤ですが、製品によって、離型効果や…

»more

パッキンやゴムチューブを正確に形造るのに使える離型剤

工場の機械

細長いものは、総じて上手く成形するのが難しいものですが、そのいい例としてゴムチューブやパッキン…

»more

クリーンな作業環境が保てるフッ素系離型剤がワックス系よりも便利

ガッツポーズの作業員

プラスチック製品の生産現場で使われる離型剤の種類としては、ワックスを使ったワックス系、フッ素コ…

»more

contents list

TOP